私は営業事務に必要な金融の資格に、ファイナンシャルプランナーというものがあげられると思います。

銀行業務検定と金融の資格を知ろう
銀行業務検定と金融の資格を知ろう

営業事務に必要不可欠な金融の資格

私は、営業事務を勤めるにあたって、取得しておいたほうが良い金融の資格があると思います。それはファイナンシャルプランナーです。まず営業事務とは、営業部に配属された人が、顧客に応じて、商品の受注・発注・管理を行い、その在庫や納期の管理もします。そして、顧客への請求書・資料の作成もします。これには、商品の管理を中心に行う営業事務と、その書類作成を中心とした、サポート業務とに分けられる場合が多いです。またこれ以外にも、最近では販売促進の方法に、ブログやホームページを使う会社も多く、その更新も仕事内容に含まれてきています。そしてこの営業事務に必要と思われる金融の資格の、ファイナンシャルプランナーとは、簡単に言えば、お客様の夢のお手伝いをすることです。つまり、顧客に商品を販売するにあたって、できるだけ顧客の要望に答え、それを形にしていくという役割があります。営業事務は、顧客の商品管理が重要で、どれだけ顧客に求められるものを提供できるかが、鍵となってくる職業です。そのため、顧客の要望をより確かに把握する能力を身につけなければなりません。またそれを具体的な形に造り上げていく力も求められます。
そのとき、活用されるのが、ファイナンシャルプランナーとしての技術だと思います。営業事務のスペシャリストを目指すなら、ファイナンシャルプランナーという、金融の資格を活かし、よりよい勤めを心がけるといいと思います。