銀行の営業事務は、沢山の金融の資格が必要です。宅建とファイナンシャルプランナー、証券外務員の資格は有効です。

銀行業務検定と金融の資格を知ろう
銀行業務検定と金融の資格を知ろう

銀行の営業事務を目指すなら、金融の資格が必要です。

銀行の営業事務を目指すなら、金融の資格が必要です。どのような資格が必要になるかと言えば、宅建、銀行業務検定、ファイナンシャルプランナー、証券外務員、このくらいの資格が有ると、かなり使える営業事務になります。宅建の資格は、銀行融資は不動産に対する融資が、とても多いです。不動産のこと知らなと、融資が出来ません。そこで必要なのが、宅建です。当然銀行業務にも精通していないといけないので、銀行業務検定が必要になります。ファイナンシャルプランナーと証券外務員の資格は、投資信託を販売するのかなり、役に立ちます。総合的に、資産管理をサポートできます。
銀行で、営業事務をするには沢山の金融の資格が必要です。あればあるほど知識が身につき、仕事がしやすくなります。銀行にとっても大きな戦力になります。最低これくらいは、持っておいたほうが、いいと思います。どこの銀行でも、アピール出来ます。あとは経験を積んでいくと、どんどん仕事ができるようになります。金融のプロになります。他にも色々と有効な資格がありますので、時間のある人は、どんどん挑戦するといいと思います。
これからも営業事務の、必要性は、増えていきます。中には、営業になり、大活躍している人もいます。沢山の知識をもっていることは、決してマイナスには、なりません。大きな損失を、未然に防ぐことが出来ます。お客様の大切な財産を守ることになります。大変な時期ですが、頑張って欲しいものです。