営業事務にも必須の金融の資格が、証券会社における証券外務員資格です。勉強方法は問題集を繰り返すのが効果的です。

銀行業務検定と金融の資格を知ろう
銀行業務検定と金融の資格を知ろう

営業事務でも必須の金融の資格

金融の資格というと、外回りの営業マンに必要なものという印象を受けますが、社内で働く営業事務にも必須の資格があります。それは、証券会社における証券外務員資格です。私は文系短大から証券会社に就職し、店頭営業をしたのですが、入社して最初のハードルがこの外務員資格に合格することでした。なにしろこの資格を持っていないと業務ができないのです。もちろん営業職だけでなく事務職配属の人も全員です。
試験対策勉強としては、会社が講習を行うなり、社外の講習に参加させたりしてくれます。が、文系の者にはかなり難しいです。金融商品の知識がないため言葉の意味がわからないし、計算問題も多く、最初はちんぷんかんぷんでした。さらに模擬試験で点数が悪いと人事課の研修担当者にきつく怒られます。教科書を読み上げるだけの講習は眠くなるし、問題は解けないし、プレッシャーはきついと三重苦でした。
そんな中でつかんだ試験合格のコツは、問題集だけを繰り返しやること、です。教科書は何冊もあるし読んでも頭に入りません。とにかく何回も問題を解くことで、問題の傾向もわかるし、何を答えたら良いかがわかってきます。計算問題も数をこなせば解き方を覚えられます。入社後1〜2ヶ月後には合格しなければならないのですから、なるべく効率の良い方法で勉強した方がいいです。私も無事合格しました。というか、全員合格しました。外務員試験には2種と1種がありますが、この最初の試験は2種です。営業マンは1種も必須ですが、営業事務なら2種だけで良いという会社が多いと思います。
注目情報